不用品は寄付して社会貢献|熊本市の【遺品整理の住まいるクリーン】は、真心を込めて遺品整理・生前整理・不用品回収をいたします。

不用品は寄付して社会貢献

2021年10月11日 00:38:44

寄付

ご家庭で不用品がたくさんあるなら、廃棄するか、不用品回収業者に引き取りを依頼する方法があります。

もう1つの方法として、寄付する方法がございます。

ご家庭では不用でも、誰かが必要としているかもしれないのです。

ですが、団体によって寄付を受け付けている品物が違うことや条件がある場合があります。

どういうものなら寄付できるのか、迷惑が掛からないように発送の前に確認しておきましょう。

寄付先が受け付けている不用品

各団体ごとに受け付けている品物が違いますが、発展途上国の人達や恵まれない子供達に送るために雑貨や衣類、おもちゃ、ぬいぐるみなどを受け付けている団体も多数あります。

特に日用品類や夏服などに関しては消耗品なので、常に不足している団体も多いため、積極的に受け付けをされております。

そして、楽器類、サッカーボールや野球のグローブなどのスポーツ用品は発展途上国では高価ですので、需要があります。

通学で必要なカバンやリュックサック、文房具なども重宝されています。

個人名や企業名が入れてあっても、外国に寄付する時に使えるならば問題がない場合が多いです。

ですが、高価な品物やブランド物だと逆に受け付けてもらえないこともございますので、発送前にきちんと確認するようにしましょう。

団体も国内のであれば、インスタントラーメンや缶詰のような消費期限の長めな食品を受け付けている団体も多数ございます。

寄付を受け付けてくれないケース

不用品を寄付する時に、傷みがひどいゴミ同然のものは常識としてやめてください。

品物の種類、サイズ、量などは各団体で変わってきますので確認することが必要となりますが、多くの団体でNGが共通しているものが液体です。

輸送の途中でこぼれてしまったり、早く劣化したりする可能性があるからです。

食品でいうと、醤油やソース類、文房具では墨汁やインク、香水や化粧水などはやめておきましょう。

事務用品なども余っているからといって寄付を考えるのも注意しましょう。

ファイルやバインダーとかは、資料整理を行った時に大量に出てしまうので捨てるがもったいなくなってしまいますが、需要はあまりありません。

プラスチックケースやカレンダーなど、オフィスでもご家庭でも余りやすいものは、団体でも余らせていると考えられますので送るのはやめておきましょう。

衣類は受け付けている団体も多数ありますが、送り先の国がわかっている場合は現地の文化や気候に合ったものを送るようにするといいでしょう。

暖かい国に冬服を送っても需要がありませんし、宗教に関係のある絵柄や文字が入っているような服は選ばないようにするのがいいでしょう。

家電製品を受け付けている団体もありますが、国によっては電圧が違いがありますので現地で使えるのかわかりませんし、電力が安定して供給されてない地域も多いため、国外よりも国内に寄付するほうが需要があるでしょう。要確認。

まさかの寄付ができない場合は不用品回収業者に依頼しましょう

寄付は、不用品処分方法の1つです。

状態は良くても捨ててしまえばもったいないかもと思うものは寄付の対象になりますので、汚れているものや傷んでいるもの、年季が入っているものは処分しましょう。

受け取った人が不快にならないように心掛けて送るようにしましょう。

寄付を考えているけれど、送り先を考える時間がなかったり、品物が大量にあり選別する手間が面倒くさい、という方は不用品回収業者に依頼しましょう。

寄付を受け付けてもらえなかった事務用品や家具、家電製品も引き受けていただけます。

品物の状態が良いものは買い取りをしてくれる業者もおります。

量が多かったり、大きいものがあっても、自宅まで回収に来てもらえますので時間と手間がかかりません。

一覧へ戻る

無料見積依頼・お問い合わせはこちら

熊本市を中心に熊本県内全域は
出張無料で対応いたします

※その他エリアの方も一度ご相談ください

  • 070-4098-4164
  • 受付時間/9:00~22:30(年中無休)

今すぐメールで問い合わせる

遺品整理の住まいるクリーン
〒860-0055 熊本県熊本市西区蓮台寺1-12-33
電話.070-4098-4164
 FAX.096-359-7935
 受付時間/9:00~22:30(年中無休)
※営業のお電話はお断りしております

ページの先頭へ

見積料0円 熊本県内出張料0円
070-4098-4164
受付時間/9:00~22:30(年中無休)